ニキビ跡の薬。赤みやくすみなども消しましょう!口コミランキング

MENU

ニキビ跡の薬。赤みやくすみなども消しましょう!口コミランキングの紹介です!

ニキビ跡の薬。
赤みやくすみなども消しましょう!
口コミランキングの紹介です!

 

 

ニキビ跡
ミノキシジル

 

 

 

 

実際、ニキビ跡が出来たらものすごく悩みますよね〜〜^_^;

 

ニキビ跡の赤みやくすみは出来るだけ早く治したいと思いませんか?
そんなニキビ跡に効果を感じると評判の
ランキングを書かせていただきます!!

 

 

ニキビ跡の解決方法は薬などでの治療はもちろんですが、
ニキビ跡が治るまでは、
隠したいのがホンネですよね!?

 

その為、多くの人が
コンシーラーなどを塗ってニキビ跡を隠していると思いますが
コンシーラーなどで長時間ニキビ跡を覆ってしまうと
更なる悪化を招く事もありますが、
正しいケアを行えば綺麗に治る可能性が高いので、
しっかりと行動しましょう!!
ニキビ跡 コンシーラー
その為、ニキビ跡の対策には

 

1.コンシーラーで隠す
2.並行してニキビ跡の治癒を行う

 

が、
おすすめです。

 

今あるニキビ跡を隠しながら、
しっかりとニキビ跡を治す方法
実践していきましょう!!

 

実際にこのサイトの管理人の私も、
コンシーラーで隠しながら、
しっかりとニキビ跡対策をして治したんです♪

 

 

 

ニキビ跡の薬代わりにおすすめのアイテムランキング

ニキビ跡に効く薬を探していた私が実際に使用して、

ニキビ跡に効果を感じたランキングです!

 

返金保証などもついているので、
安心して使用出来る為、ホントにおすすめです♪

パルクレールジェル

 

おすすめポイント
・業界初の永久返金保証付
・モンドセレクション銀賞の確かな品質
・リピート率が99.2%の超高支持率
 
 

 

 

 

新聞でも日本で
1番売れていると紹介されています!!

 

 

 

 

 

1番の人気の理由は、
専用の
カラーコントロールの存在です!

このカラーコントロールは
コンシーラーとは違い、
美容に良い成分の
ヒアルロン、コラーゲン、ビタミンC、セラミド
などから作られており、
つけている間にもニキビ跡に潤いを与え、
改善効果が期待出来ます。

 

このカラーコントロールは

 

パルクレールの定期便購入なら、
タダでついてくるので

 

これを目当てに購入される人もいるくらいです!!

 

 

 

そして、かなり凄いのですが、
業界初の永久返金保証付!

 

 

今までのニキビ跡の薬やサプリで
返金保証がついたものは無かったのですが、
このパルクレールには永久返金保証がついています!!

 

これってメーカーの
ニキビ跡に対する絶対的な自信の表れですよ!!

 

治らなければ返金出来るので、
金銭的なリスクは0でニキビ跡治療が出来るので
今、1番オススメなアイテムです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リプロスキン

おすすめポイント
・ニキビ跡専用につくられた化粧水
・85万本売れた実績
・満足度96.1%

 

 

こちらのリプロスキンという化粧水は、
ニキビ跡改善専用の化粧水です。

 

独自に開発したナノテクノロジーで、
お肌に浸透性を持たせ、
美容成分が肌の奥まで浸透しやすくし、
ニキビ跡改善に期待が出来るアイテムです!

 

ニキビ跡の薬で市販されているニキビ薬の効果や選び方

・ニキビ跡の薬で市販されている物の効果や選び方のポイントは?
ニキビ跡の薬 市販 
ニキビ跡の市販の薬に関しては、
ニキビ跡治療薬のように専用の薬品が存在するわけではありません。
ですから、ニキビ跡に効く
「塗布薬」「服用薬」に関してある程度理解しておかないと、
自分のニキビ跡に効く薬品を見つけるのは難しいと思われます。

 

また、
薬品を塗布したり服用したりしたからと言って、
ニキビ跡が綺麗に改善するとも限りません。

 

市販の薬品の役目は
「ニキビ跡を軽減する事」
であり、即効力はほぼありません。

 

使用時に困らない様に、
市販の薬品については正確な知識を得ておきましょう。

 

薬局やドラッグストアで購入可能なものの多くが、
ニキビ跡専用ではなく、肌荒れ改善などに効く様なものが多く、
ニキビ跡改善に集中して
効果が期待出来るというものではないので
注意しましょう!

 

 

・市販のニキビ跡の治療薬の選び方〜飲む薬品と塗布する薬品について把握しよう〜

 

市販の薬品には、

 

・ニキビ跡のケアを身体の内部から行う「服用薬」と、
・外部からニキビ跡のケアを補助する「塗布薬」が存在します。

 

それぞれについて解説していきます。

 

●ニキビ跡をニキビ治療薬品で治すのは難しい
ニキビ治療薬品に入っている成分のメインは、「皮脂の出過ぎをブロックする成分」と「ニキビの引き金であるアクネ菌の炎症をブロックする抗炎症成分」です。
ですから、ニキビ跡の症状にはほぼ効きません。
市販の薬品でニキビ跡をケアしたいのであれば、肌の新陳代謝を促進する効果のある成分が入っている薬品を選びましょう。
塗布薬の場合は「ビタミンAやビタミンE」、服用薬の場合は「ビタミンC、ビタミンE、L-システイン」などが入っているものが好ましいです。

 

 

 

・市販の服用薬の選択方法

ニキビ跡の服用薬
「そばかす・シミ」に効く服用薬を使えば、ニキビ跡がある程度改善されるかもしれません。
色々な企業から、
ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンC、L-システインが入った市販の薬品がたくさん売り出されています。

 

注意点としては、
このようなものは
サプリメントというジャンルになり、
ニキビ跡にすぐに効くという事はなく、
内部からの体質改善が目的になりますので、
注意して下さいね!

 

ちなみに主要成分である
L-システインとビタミンCには、主に次の効果があります。

 

・皮膚の新陳代謝を促進する
・色素沈着やシミを薄くする
・メラニンの生成をブロックする

 

そして、ビタミンEには血流を良化して、
肌の新陳代謝を促進する効果があります。
茶色や黒色になったシミや、ニキビ跡の赤みに効果的です。

 

 

・市販の塗布薬の選択方法

ニキビ跡の塗り薬
顔にも塗布可能な薬品と、顔には塗布できない薬品があります。

 

 

原則として、ビタミンEが入っている塗布薬を選びましょう。
肌の新陳代謝を促進してくれます。
身体に塗布するクリームの場合は、
やはり肌の新陳代謝を促進してくれる「ヘパリン類似物質」が入ったクリームを選ぶのが良いと思います。

 

そして、医薬部外品の場合は「ビタミンC誘導体」が入ったクリームがお勧めです。

 

既存の色素沈着やシミを薄くする効果や、メラニン色素の生成をブロックしたりする効果が望めます。

 

 

ここからは、個人的に推奨したい市販の薬品をランキングにて挙げていきます。

 

 

おすすめニキビケアアイテムランキングはこちらをクリック

 

ニキビ跡に推奨したい市販の飲み薬(サプリ)ランキング

まず最初にニキビ跡改善に期待出来る
飲み薬(サプリ)から紹介致します!

 

こちらは
ニキビを内面から改善する為の成分が入っている物の
個人的ランキングです!
即効性はないですが、
栄養補助でニキビ跡の改善には効果的です♪

 

1位 チョコラBBルーセントC
ニキビ跡の薬 市販 チョコラBBルーセントC 
会社:エーザイ
区分:第3類医薬品
形式:錠剤の服用薬

 

有用成分:ビタミンE、ビタミンB2、Lシステイン、ビタミンC

 

値段:180錠4093円、120錠3065円、60錠1831円

 

・チョコラBBの効果

 

チョコラBBはメインとして、かぶれ・日焼けが原因の色素沈着、そばかす、しみを薄くしてくれます。抗酸化効果のあるL-システインとビタミンCが、メラニンを肌の内部からブロックしてくれます。
皮膚のターンオーバーをビタミンB2、ビタミンB6が整え、さらにビタミンEが新陳代謝を促進して、メラニンを追い出しやすくしてくれます。

 

 

 

2位 ハイチオールC ホワイティア
ニキビ跡の薬 市販 ハイチオールC ホワイティア 
会社:エスエス製薬
区分:第3類医薬品
形式:錠剤式の服用薬

 

有用成分:パントテン酸カルシウム、ビタミンC(アスコルビン酸)、L-システイン

 

容量:120錠

 

・ハイチオールCホワイティアの効果

 

ビタミンCとL-システインがメインの薬であり、
そばかすやシミに効きます。
色素沈着、シミ、赤み等のニキビ跡のトラブルをケアしてくれます。

 

ただ私としては、
ビタミンEも入っているチョコラBBルーセントCの方が優秀だと思っています。

 

ニキビ跡に推奨したい市販の塗り薬ランキング

ここからはニキビ跡に
直接塗るタイプの市販ランキングです!!

 

私としては先ほど紹介した
おすすめアイテムの方が良いですが、
参考にしてもらえたらと思います♪

 

おすすめニキビケアアイテムランキングはこちらをクリック

 

 

●イハダ プリスクリードAA
ニキビ跡の薬 市販 イハダ プリスクリードAA 
会社:イハダ・資生堂
区分:第2類医薬品
形式:クリーム式の塗布薬

 

有用成分:ビタミンE誘導体(トコフェロール酢酸エステル)、レチノールパルチミン酸エステル(ビタミンAオイル)

 

値段:30グラム4500円、12グラム1800円

 

・イハダ プリスクリードAAの効果

 

イハダ プリスクリードAAには肌の新陳代謝を安定させる効果があり、色素沈着、シミ、ニキビ跡の赤みなどをケアしてくれます。
またレチノールには、エラスチン作りとコラーゲン作りを補助する効果があるので、クレーター状のニキビ跡を軽減する事もできます。

 

 

 

チョコラザーネプラス
ニキビ跡の薬 市販 チョコラザーネプラス 
会社:エーザイ
区分:第3類医薬品
形式:クリーム式の塗布薬

 

有用成分:グリチルリチン酸2K、ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)、尿素
値段:60グラム1490円

 

・チョコラザーネプラスの効果

 

医薬品であり、
サメ肌、老人性乾皮症、くるぶし・かかと・膝・肘の角化症、手指の肌荒れなどに効くクリームです。
ビタミンEが入っているので、肌の新陳代謝を促進させてニキビ跡の治癒を補助してくれます。

 

特に、色素沈着・シミ等のニキビ跡のトラブルの際に推奨します。

 

ただし、顔には使用不可なので気を付けましょう。

 

 

 

●アットノン
ニキビ跡の薬 市販 アットノン 
会社:小林製薬
区分:第2類医薬品
形式:クリーム式の塗布薬

 

有用成分:ヘパリン類似物質

 

値段:15グラム1300円

 

・アットノンの効果

 

ヘパリン類似物質が、肌の新陳代謝を安定させてくれます。
特にお尻、胸、背中等のニキビ跡に効きます。

 

そして、色素沈着・シミ・赤み等のニキビ跡の症状を軽減する事も可能です。

 

ただし、顔に使うのは不可ですから気を付けましょう。

 

 

 

●ビフナイトn
ニキビ跡の薬 市販 ビフナイトn 
会社:小林製薬
区分:第3類医薬品
効用:ニキビ
メイン成分:イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸、イオウ、
容量:18グラム
値段:1100円

 

 

●ペアアクネクリームW
ニキビ跡の薬 市販 ペアアクネクリームW 
会社:ライオン
区分:第2類医薬品
効用:ニキビ、吹き出物
メイン成分:イソプロピルメチルフェノール、イブプロフェンピコノール
容量:24グラム、14グラム
値段:1450円、950円

 

 

 

 

●クレアラシル ニキビ治療薬クリーム
ニキビ跡の薬 市販 クレアラシル ニキビ治療薬クリーム 
会社:クレアラシル
区分:第2類医薬品
効用:ニキビ
メイン成分:ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)、グリチルリチン酸2K、レゾルシン、イオウ
容量:18グラム

 

 

●メンソレータムアクネス
ニキビ跡の薬 市販 メンソレータムアクネス 
会社:ロート製薬
区分:第2類医薬品
効果:ニキビ、吹き出物
メイン成分:ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)、グリチルリチン酸、レゾルシン、イオウ
容量:18グラム

 

 

●テラ・コートリル軟膏a
ニキビ跡の薬 市販 テラ・コートリル軟膏a 
会社:ライオン
区分:第2類医薬品
効果:化膿性の皮膚病(毛のう炎、めんちょう、飛び火など)、「じんましん、虫刺され、しもやけ、かぶれ、あせも、皮膚炎、発疹などの内、化膿が付随するもの」
メイン成分:ヒドロコルチゾン、オキシテトラサイクリン塩酸塩
容量:6グラム
値段:1000円

 

 

 

●オロナインH軟膏
ニキビ跡の薬 市販 オロナインH軟膏 
会社:大塚製薬
区分:第2類医薬品
効果:しらくも、いんきん、たむし、水虫(ジュクジュクしていないものに限る)、きず、あかぎれ、しもやけ、ひび、火傷(軽度のもの)、はたけ、吹き出物、ニキビ
メイン成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液(20パーセント)

 

 

 

 

・まとめ

 

薬局やドラッグストアの薬剤師さんに聞いてから、薬品を購入するようにすると確実です。

 

そしてニキビ跡ですが、日々の肌ケアや生活習慣・食習慣によっても予防する事が可能です。
どれだけ良い薬品を使っていても、その部分がしっかりしていないと、ニキビ跡やニキビが再発してしまうので気を付けましょう。

 

 

おすすめニキビケアアイテムランキングはこちらをクリック

ニキビ薬--皮膚科で処方されるニキビ薬について

ニキビ跡 薬  皮膚科

 

 

「ニキビ跡の薬は皮膚科で欲しいな。。。」

 

と、思われている人は多いと思いますが、
皮膚科で出されるニキビ跡の治療薬品は、
原則として保険の対象外となります。

 

今のところ保険の対象となるのは
「しこりのニキビ跡のための、ステロイド外用剤、トラニラスト」
「シミ・色素沈着のニキビ跡のためのビタミンCの服用薬」
だけです。

 

ですから、
「保険が適用されないもの」の方が大幅に多いですので、
注意して下さいね!

 

保険が適応されない物は、
その病院で決められた価格での購入になるので、
その場合は
かなり高い買い物になりますので、慎重に行動しましょう!

 

・皮膚科で出されるニキビ薬品

 

外用レチノイド製剤(塗布薬)

レチノイド製剤
皮膚のビタミンA誘導体(レチノイン酸、レチノール)の入った外用薬です。
ちなみに、美容皮膚科ではビタミンAとして、トレチノイン(レチノイン酸の誘導体)が出される事が多いです。

 

また、ニキビ治療薬品の「ディフェリンゲル」が出される場合もあります。
ただ、このディフェリンゲルは「ニキビ治療」に使う場合は保険の対象となるものの、「ニキビ跡治療」の場合は対象となりません。

 

 

ビタミンA誘導体には、皮膚の新陳代謝を活発にさせる効果などがあります。
また、肌の奥部の繊維芽細胞を元気にして、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を補助する効果もあります。

 

用途:クレーター状のニキビ跡、シミ、色素沈着、赤みなど

 

 

外用ハイドロキノン製剤(塗布薬)

ハイドロキノン製剤
トレチノインと一緒に使用される事が多い美白効果のある薬品です。

 

メラニン色素の生成をブロックする効果がありますし、既存のメラニンを破壊する効果もあります。ただし、美白効果がある分、皮膚へのダメージとなって副効果に見舞われる場合もあります。

 

ですから、コウジ酸クリームで代用する美容皮膚科も存在します。

 

用途:シミのニキビ跡、色素沈着など

 

 

ビタミンC誘導体ローション・クリーム

ビタミンC誘導体ローション
ビタミンCには、抗酸化効果や、コラーゲン作りをサポートする効果や、メラニン色素を壊す効果や、メラニン色素の生成をブロックする効果などがあるので、肌に非常に良いです。

 

用途:クレーター状のニキビ跡、シミ、色素沈着、赤みなど

 

 

外用ステロイド(塗布薬)

外用ステロイド
抗炎症効果があります。
保険の対象です。

 

用途:しこりニキビ跡など

 

 

おすすめニキビケアアイテムランキングはこちらをクリック

 

 

 

ニキビ跡に飲む服用薬の紹介

 

ビタミンA、B、C、Eの服用薬

ビタミン

 

トラニラスト

トラニラスト
繊維芽細胞の遊離・繁殖を防ぐ効果があります。
保険の対象です。

 

用途:しこりニキビ跡など

 

 

トランサミン

トランサミン
美白効果のあるトラネキサム酸が入った服用薬です。

 

用途:シミのニキビ跡、色素沈着など

 

ミノマイシン

ミノマイシン

 

ミノマイシン 効果

メイン成分は、抗生物質の仲間である「ミノサイクリン塩酸塩」です。
テトラサイクリン系統に分類されるミノサイクリン塩酸塩には、タンパク質の合成をブロックして、細菌の増殖を封じる効果があります。
そうなれば細菌が少なくなっていくため、ニキビが和らいでいきます。

 

色々なタイプの細菌に対して効果を発揮してくれますから、当然アクネ菌にも効果があって、ニキビがケアされるんです。

 

 

ちなみに、ミノマイシンには効果はほとんど同じですが、「顆粒式」「カプセル式」「錠剤式」の3タイプが存在しますので、好きなタイプのものを使うようにしましょう。

 

 

ところで、ミノマイシンが有しているのは「静菌効果」であって、「殺菌効果」ではありません。つまりは、菌を退治するのではなく、繁殖をブロックするというだけです。

 

ですから菌自体の寿命を待ったり、自身が元来有している免疫能力に頼ったりもする事になります。

 

「ミノマイシンで、ニキビ関連の菌を即座にやっつけられる」という認識は間違いなので気を付けましょう。

 

 

ミノマイシン 飲み方

成人がミノマイシンを使うのであれば、カプセル・錠剤式は食事の後に1日1、2度、1〜4個飲むのが普通です。
1日2度であれば、朝と晩。1日1度であれば、そのどちらかで飲むようにします。
原則として、飲む時間は毎日大体一定にしておきましょう。

 

ただし、ニキビの状態や年代次第で飲む量が違ってくるので、病院の指示を守るようにしましょう。

 

 

 

ミノマイシン 副作用

抗生物質の一種であるミノマイシン。
当然、普通の抗生物質と似たような副作用に見舞われる恐れがあります。
出やすい副作用としては「下痢」「腹痛」等があります。
または、胃が荒れて「食欲低下」「胃のむかつき」等に襲われる場合もあります。

 

 

それから「ビタミンK欠乏症」「ビタミンB欠乏症」「血液障害」「肝機能障害」などにも、利用期間が長引けば襲われる場合があるようです。
さらに、副作用として「シミの発生」「頭痛」「めまい(2.85パーセント)」等も出得るようです。

 

重篤な副作用が出る事もあれば、軽いもので済む事もあります。
ただ、とにかく何らかの異変を感じたのであれば、すぐに医療機関に出向くようにしましょう。

 

ルリッド

ルリッド

 

ルリッド 効果

 

抗生物質の一種である「ロキシスロマイシン(マクロライド系統)」が、ルリッド錠のメイン成分です。

 

 

ニキビを、ロキシスロマイシンの静菌効果で抑えていくのが、ルリッド錠のコンセプトです。
そして、赤ニキビ等の炎症の原因なるリパーゼの発生をブロックして、炎症をケアする効果もあります。さらには、赤色のニキビ跡を改善する効果も有しています。

 

 

除菌効果もルリッド錠は有しており、タンパク質の合成を邪魔する事により、細菌が殖えるのを封じてくれます。色々な菌(モラクセラ菌、肺炎球菌、レンサ球菌類、マラセチア菌、ブドウ球菌、アクネ菌など)を除菌する事が可能なので重宝されています。

 

 

アクネ菌はニキビの根源ですから、ルリッド錠には大元からニキビをケアする効果があると言えます。また、ケロイドニキビの引き金はブドウ球菌、背中や額のニキビの引き金はマラセチア菌ですから、ルリッド錠により幅広くニキビを改善していく事が叶います。

 

 

以上のようにルリッド錠の効果により、色々なタイプのニキビを防止・改善する事が可能です。

 

・ルリッド錠の効果の大きさは?

 

平均的に見ると、以下のようなレベルの効果が期待できます。

 

 

黒ニキビ:7日以内くらいで効果が出ます
白ニキビ:同上

 

ただ、普通は黒ニキビや白ニキビは塗布薬で治していく事になるので、ルリッド錠の出番はまずありません。

 

 

赤ニキビなど:半月くらいで効果が出始めます

 

特に赤ニキビが顔の広範囲に生じているときなどに、ルリッド錠は有効です。

 

 

ケロイドニキビ:30日くらいで効果が発揮されます
ニキビ跡:同上

 

 

総じて、ルリッド錠の効果はかなり高いと言えるでしょう。
ただし、抗生物質ですから、効果の出方にはかなりの個人差があります。

 

例えば、赤ニキビを治すだけでも1か月半以上を要する場合もありますし、そもそも全然効果が出ないケースもあります。

 

 

ルリッド 飲み方

 

ルリッド錠は、1錠を1日2度飲むようにします。

 

・朝ご飯と夕ご飯の後に1錠ずつ摂取する
・多めの水で服用する
・病院が定めた期間分は必ず飲む(良くなったと思っても、勝手にストップしない)

 

 

そして摂取を忘れた際は、思い出した折に即座に飲みます。
ただし、次回の摂取時間が近い場合は、1回分飛ばしてしまってください。
1回で(もしくは立て続けに)2錠摂取するのは厳禁です。

 

ルリッド 副作用

 

ルリッドは抗生物質であり、腸の中の細菌の調和を乱す場合があるため、「軟便」「腹痛」「下痢」などの副作用に見舞われるケースがあります。これらが継続すれば、身体の具合が酷く悪くなる恐れがあります。

 

また、胃の粘膜が抗生物質によってダメージを負う場合がある事から、副作用として「嘔吐感」「消化不全」「胃もたれ」「胃痛」等も出るケースも良くあります。

 

それから、抗生物質が引き金のアレルギーが「じんましん」「痒み」「湿疹」等を招く恐れもあります。ルリッドはアレルギーが出にくい抗生物質ですが、アレルギー体質の方は特に気を付けるようにして下さい。

 

おすすめニキビケアアイテムランキングはこちらをクリック

 

 

 

ファロム

ファロム

 

ファロム 効果

 

ファロム(マルホ株式会社)には、湿疹、痒み、皮膚炎等を治す効果があります。
ちなみに、熱を下げたり風邪を治したりする効果もあります。
それから、膿を伴う挫創にも効果がありますから、ニキビ跡に対する効果もありますし、ニキビ自体にも効きます。

 

 

皮膚科で出される薬であり、ドラッグストア等で購入することはできません。
ちなみに、1錠に付き66.1円です。錠剤の色合いはホワイトです。

 

それから、塗布薬のディフェリンゲルとベピオゲルが共に出されて、併用の指示が成されるケースがかなりあります。

 

 

なぜニキビへの効果をファロムが有しているかというと、ぺネム系統の「ファロペネムNa」という抗生物質が入っているからです。

 

 

ファロペネムNaには除菌効果があります。ですから、当然アクネ菌(ニキビの元凶ですね)を退治する効果もあります。ちなみに、たんぱく質とアクネ菌の合成を阻害する事によって、アクネ菌が殖える事を封じると言われています。

 

アクネ菌を殺せば、赤ニキビ、ニキビ跡、炎症などを治す事が可能です。

 

 

皮膚の奥に済むアクネ菌まで退治するのは塗布薬ではほぼ不可能です。ですが、ファロム等の経口摂取系の薬品を使えば、そういった根深いアクネ菌も退治することが叶います。

 

そして真菌である「マラセチア菌」などが、額の出来物や背中ニキビを招くのですが、ファロム錠がこの菌も死滅させてくれます。

 

それから「ブドウ球菌」は、ケロイドニキビや膿を伴うニキビの引き金になる事が多いのですが、これもファロムの除菌効果によって退治されます。

 

 

ファロムにより、色々なニキビ治療することができるという事がお分かりいただけたかと思います。実際には、塗布薬では改善できなったニキビや、酷くエスカレートしたニキビを治すために使われる場合が多いです。

 

 

 

・ニキビに対するファロムの効果の大きさは?

 

 

軽度のニキビ:恐らく3日前後で効果が表れるでしょうが、初期のニキビに使われることはまずありません

 

背中ニキビ・額の出来物:半月〜3週間程度

 

ニキビ跡:20日〜1ケ月程度

 

ちなみに、前述の通り塗布薬と一緒に用いていく事になる場合が多く、上記よりもさらに早期に治るケースが大半だと思います。

 

 

しかし、ファロムに含有されている抗生物質との相性次第では、効果がほとんど出ない場合もあります。そして、副作用に見舞われる恐れもあります。

 

 

ファロム 飲み方

 

ファロムは1日3度飲みます。量は1回150〜200ミリグラムですが、症状や体質にもよりますから、ドクターの判断に沿って回数や分量は微調整しましょう。

 

継続期間は普通は最長14日です。これも、ドクターの判断に沿ってください。

 

ファロムは抗生物質ですからそれ以上継続してしまうと、ファロムでは退治できないような、アクネ菌やアクネ菌以外の菌が形成されてしまう恐れがあります。
抗生物質は、14日と言わず、それより短くて済むならそれに越したことはありません。

 

 

ファロム 副作用

 

ファロムを飲むと、まず肌の発赤・発疹等の副作用に見舞われる場合があります。

 

そして、ファロムを摂取する事で腸の中の状態がおかしくなって、血便・軟便・下痢等、胃腸関係の副作用が出る場合もあります。中でも最も発生しやすいのは下痢です。
ですから、腸の中の状態がおかしくならないように、ファロムと共にビオフェルミンが処方される場合もあります。

 

湿疹や発赤等の副作用に見舞われましたら、ひとまずファロムの利用を止めて、皮膚科に診てもらうようにしましょう。

 

そして、ファロムでニキビを改善したいのであれば、利用期間は30日までにしておきましょう。なぜなら、利用期間が長引くと、抗生物質が効きにくい耐性菌が生じてしまって、ニキビに対する効果が薄れてしまう可能性が高いからです。

 

 

ブルフェン

ブルフェン

 

ブルフェン 効果

 

科研製薬の「ブルフェン」は、皮膚炎、発熱、頭痛などに効果的な錠剤です。
ドラッグストアなどでは買えず、処方箋でしか入手できません。

 

ブルフェンは1錠に付き9円程度。そして、ニキビ跡やニキビの炎症をケアする効果がブルフェンにはあります。

 

そして、普通、ニキビを改善する場合は、ブルフェンはニキビ改善のための塗布薬と共に使用する事になります。ブルフェンだけを使うケースは珍しいです。

 

イブプロフェン(ステロイドではありません)がブルフェンの主成分であり、この成分がニキビに効果的です。

 

ブルフェンを飲むと、体内においてイブプロフェンが、プロスタグランジンの発生をブロックしてくれます。プロスタグランジンは、発熱やニキビの炎症の原因となると言われています。そして、ニキビ跡の赤みや炎症を伴うニキビを抗炎症効果によってケアしてくれます。

 

エスカレートしたニキビ跡にはあまり効果がないので、軽い炎症ニキビを改善するために用いられる場合が大半です。

 

ブルフェンが持つニキビへの効果に関しては以上です。
ちなみに、アクネ菌を退治するのは不可能です。なぜなら、抗生物質は入っていないからです。

 

「ニキビの炎症には効果的だが、ニキビ自体にはあまり効かない」という事ですね。

 

 

・ブルフェンのニキビへの効果の大きさは?

 

黒ニキビや白ニキビ:効果は出ない(除菌効果がないため)
赤ニキビの腫れ:7日〜14日くらいで治ってくる
ニキビ跡の赤み:21日〜28日くらい

 

 

平均して、これくらいの効果があると言われています。
ただ、実際には先ほど言った通りニキビケアの塗布薬と一緒に使う事になる場合が多いので、もっと早期に改善するかもしれません。

 

上記の日数程度ブルフェンを使い続けても効果が出ない場合は、ステロイドの使用に移行するケースが大半です。

 

ブルフェン 飲み方

 

・ニキビケアの際のブルフェンの服用方法

 

1:1日2度、食事の後に飲む。量は1度に1錠か2錠。

 

お腹が空いている折に飲むと胃が荒れてしまう場合があります。

 

2:多めの水で服用する。

 

3:塗布薬が共に出される場合が多いのでそれも併用する。こちらは1日2度、朝夕に顔を洗ってから塗布する。

 

4:ブルフェンは少なくとも14日間は継続します。病院に通って様子を見つつ、効果が出ないと見做された際は、ブルフェンを飲む事はストップすることになります。

 

 

服用量や回数には個人差が出るので、病院側の判断に従いましょう。

 

 

ちなみに「ブルフェン400(400ミリグラム)」「ブルフェン100(100ミリグラム)」などがありまして、効果の大きさが違いますが(当然、含有量が多い方が効果が高いです)、どれを使うかも医者が決めてくれるので心配無用です。

 

 

ブルフェン 副作用

 

・ブルフェンで起き得る副作用

 

顔のむくみ、痒み、蕁麻疹、嘔吐感、腹痛、胃のむかつき、等。

 

このような副作用が出たら利用をストップしましょう。
また、これまでにブルフェンで副作用に襲われた経験があるのであれば、再び副作用が発生してしまう場合が多いので別の薬を使った方が良いでしょう。

 

また、腎機能・肝機能・心機能障害、高血圧症、アスピリン喘息、消化性潰瘍等の方は、ブルフェンによってエスカレートしてしまう恐れがあるので、ドクターの許可を得てから使いましょう。また、授乳期間中・妊娠期間中も飲まない方が無難です。

 

副作用の出方や重さにはバラつきがありますが、何にせよ異変を感じたら病院に行くようにしましょう。

 

 

おすすめニキビケアアイテムランキングはこちらをクリック

 

 

 

クラリス

クラリス

クラリス 効果

 

・錠剤のクラリスの基本情報

 

製造販売:大正富山医薬品(株)
効果・効能:肌の炎症、発疹、痒みなど
価格:1錠39円
入手方法:処方箋のみ(皮膚科)

 

ニキビをケアする効果もクラリスにはあります。ことに、赤ニキビが顔全域に大量発生しているようなエスカレートしている症状の時に使われる事が多いです。

 

 

・クラリスの服用方法、効果

 

有効成分:クラリスロマイシン(抗生物質・マクロライド系)

 

これがニキビに対して効果的なのです。
クラリスを飲むと、たんぱく質をアクネ菌の合成がクラリスロマイシンにより遮られます。それによってアクネ菌が殖えにくくなり、赤ニキビ、黒ニキビ、白ニキビが抑えられるのです。

 

それから、クラリスには皮膚の奥の奥に潜む塗布薬では死滅させられないようなアクネ菌もやっつける効果もあるので、ニキビ跡の炎症を軽減することも可能です。

 

ちなみに、クラリスには

 

マラセチア菌:背中ニキビやおでこの出来物を招く
黄色ブドウ球菌:膿んだニキビやケロイドニキビを招く

 

などの菌を死滅させる効果もあります。
クラリスで、色々なタイプのニキビをケアできるという事ですね。

 

 

 

・クラリスの効果の強さ

 

 

ニキビ跡:約30日
膿んだニキビやケロイドニキビ:約2〜3週間
おでこの出来物や背中ニキビ:約2週間
炎症を伴うニキビ(赤ニキビ等):約1週間
軽いニキビ(黒、白ニキビ等):数日(ただ、実際には軽いニキビに対してクラリスが出される事はほぼあり得ません)

 

 

クラリスには、これくらいの日数でニキビを治す効果があると言われています。
ちなみにクラリスだけが処方されるケースは少なく、塗布薬(ディフェリンゲル等)が一緒に出されるケースが大半です。塗布薬と一緒に使えば、↑の期間よりも早期にニキビが改善する可能性が高いです。

 

 

・ディフェリンゲルの基本情報

 

製造販売:マルホ
有用成分:アダパレン
効果・効能:黒、白、赤ニキビ
値段:570円程度(30グラム)

 

 

 

クラリスは、炎症を伴うニキビ跡や赤ニキビを治すために使われる場合が多いです。

 

クラリス 飲み方

 

ニキビに対する時のクラリスの使い方を紹介しています。

 

 

毎日、朝晩の食事を終えたタイミングで飲みます。ちなみに、1度に1錠です。
たくさんの水と一緒に服用しないと胃が傷付く可能性が高いですから、少なくとも200t程度の水で服用するように心がけて下さい。

 

少なくとも30日は続けるのですが、それで効果が発揮されないのであれば利用を停止します。
また、効果が出た場合も、最長60日で利用を停止します。

 

 

クラリスを代表とする抗生物質は、塗布薬では退治し切れない肌の奥深くのアクネ菌も殺してくれます。ですから、クラリスはニキビに関して大変効果が高いと言えるのです。

 

 

クラリス 副作用

 

ニキビのための飲み薬の内でも、クラリスは比較的副作用が重いと言われています。
胃の痛み、嘔吐感、下痢、軟便、発疹などの副作用に襲われる恐れがあります。

 

大した症状でないのであれば、さらに数日間続けて構いません。
ですが、それでも副作用が治まらないのであれば、クラリスの利用は停止しましょう。

 

それからクラリスを無闇に長く使い続けると、有効成分のクラリスロマイシンが、肌に対して作用しなくなってしまいます(耐性が形成されるため)。

 

ですから、クラリスは60日を超えては使わないようにしましょう。

 

 

ちなみに、小児、授乳期間・妊娠期間中の人はクラリスの服用は厳禁なので覚えておきましょう。

 

腎臓病の方やお年を召した人でも、クラリスが飲めないケースがあるので、絶対に医療機関の許可を得てから服用するようにしましょう。

 

そして、併用注意・禁忌の薬品(風邪薬等)もあるので、それについても気を付ける必要があります。

 

 

 

おすすめニキビケアアイテムランキングはこちらをクリック

 

 

 

 

低用量ピル

低用量ピル ニキビ

 

低用量ピル 効果

 

・ニキビに対して低容量ピルが効果的なのはなぜ?

 

ピルには月経前の男性ホルモンの増加や活発化をブロックして、女性ホルモンをカバーする効果があります。そのため、大人ニキビに効くのです。

 

ちなみに、ピルのそもそもの使用用途はもちろん避妊ですが、PMS(生理前症候群)や、生理困難症にも効果的です。

 

 

・ピルにはニキビとの繋がりがあるホルモンバランスを安定させる効果がある

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が、女性の生理サイクルに主に関係しており、一定のサイクルでホルモンバランスが変動して、色々な影響を皮膚に及ぼします。

 

男性ホルモンが活発になったり多くなったりすると、皮脂が出過ぎて、毛穴が閉塞しやすくなり、ニキビが生じやすくなる傾向にあります。ですが、これを冒頭で述べた通り、ピルで防ぐ事ができるというわけです。

 

ちなみに「低容量ピル(避妊目的のピルに比べて容量が低い)」がニキビに対しては使われています。効果の大きさ的に考えて、低容量で十分だからです。

 

先述の2つのホルモンが低容量ピルには僅かに入っています(妊娠時の発生量の5%くらい)。これによって、妊娠時に近いホルモンバランスに持っていくことができるので、排卵が抑制されるのです。
そして、ホルモンバランスが安定して(男性ホルモンが優勢になる事を防ぐことができて)、ニキビが生じにくくなるのです。

 

ちなみに、エストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれています。皮脂の過剰生成をブロックして美肌に近づけたり、女性然とした体型に近づけたりする効果があるからです。

 

 

低用量ピル 飲み方

 

・28錠式

 

4週間継続服用→翌日からまた4週間継続服用→……

 

※28錠式のラスト7錠は偽薬(薬効がない)です。

 

・21錠式

 

3週間継続服用→1週間中断→3週間継続服用→……

 

 

21錠式も28錠式も、1シート分がその量になっていますから分かりやすいはずです。

 

 

低用量ピル 副作用

 

低容量ピルの主な副作用は以下の通りです。

 

肥満、嘔吐感、静脈血栓、肝障害、だるさ、乳房の張り、不正出血、頭痛、心筋梗塞など。

 

 

60日〜90日、身体が慣れるまでは副作用に見舞われる場合が多々あります。

 

 

 

・ピルが使えない方

 

「エストロゲン」という女性ホルモンとピルには密接な繋がりがあります。
ですから、子宮筋膜、乳がん、子宮がん、子宮頸がんの方、その可能性がある方が飲むのは厳禁です。

 

そして、心筋梗塞や血栓症に見舞われやすくなるので、タバコを吸う習慣がある方も飲めません。非常に僅かですが、低容量ピルをタバコを吸う方が飲んだ事が原因で、死んでしまった事例もあります。

 

 

病院で、飲み方や飲む量を決めてもらい、必ずそれを守るようにしましょう。

 

 

 

・保険の対象となるニキビ治療薬品

 

以下のような処方薬は保険の対象となります。

 

ゲンダマイシン軟膏
ゲンタマイシンクリーム
アクアチムローション
アクアチムクリーム
ダラシンTローション
ダラシンTゲル
デュアック含有ゲル
べピオゲル
ディフェリンゲル

 

 

 

以上になります!!

 

 

ご自身に1番合ったニキビ対策を行って
綺麗な肌をめざしましょうね!!

 

 

おすすめニキビケアアイテムランキングはこちらをクリック

 

 

 

ニキビ跡薬のニキビが出始める時期とは、たいてい思春期ですから、気にして仕方のなかった方もたくさんいたのではないかと思います。にきびは予防も大切ですが、薬でケアしていくこともできます。
ドラッグストアへと行き、薬剤師に相談をしたりすると、自分に合う薬を教えてくれます。私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私も中学校の時からニキビに悩まされ、大人になった今でさえも、すぐにニキビができるので、ニキビ跡薬の顔面のお手入れは意識してやっています。
そして、みっつになる娘もすでに毛穴に角質がつまり始めています。残念なことに必ずニキビ肌になりそうです。遺伝とは怖いと思いました。ニキビに使用する薬は、色々なものがあります。
当然、専用のニキビ薬の方が効果的です。
でも、軽度のニキビならば、オロナインでも大丈夫です。効能・効果の欄にちゃんと吹出物ややけど、ひび等と並んで、記しています。
ニキビ跡薬の一般的にニキビは繰り返しできやすい肌のトラブルとなっています。
治癒したからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、またすぐに再発します。ニキビの再発を予防するには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食事をせず、たっぷりと睡眠を取る事が重要なことだと思います。ニキビ跡薬でニキビを搾ると、膿が出ます。さらにギュッと潰すと中から芯が出てきます。
これがニキビの原因となっているものですが、潰して中から芯を出すことは決してオススメはできません。
無理に潰すことになる訳ですから、さらに炎症は広がります。
ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。
ニキビができてしまう理由のひとつに、お肌の乾燥があります。
ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と驚いている人も多いのではないでしょうか。当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのもニキビ跡薬の原因のひとつなのは本当ですが、だからといって油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥してきて、それがニキビができる原因となってしまうのです。何をしてもにきびが出来てしまうときには、単に一般的なニキビケアをするのではなく、ニキビの根本的な原因を取り除いてくれるケアをしていかなければなりません。
ニキビが繰り返される理由としては、乱れたホルモンバランスや悪い食習慣、化粧品が肌荒れを起こしてしまっている等、色々な原因があります。
慢性的なニキビの理由に正面から向き合い、根本的な治療を行っていきましょう。ニキビを見つけると潰してしまう方が確立的に多いようです。
しかし、跡が気になるから潰すな、と、いう説が主です。
早急によくなるには、ニキビ跡薬のニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。ニキビ跡にも効きます。洗顔後に化粧水・乳液を塗って、ニキビ箇所だけに薬を塗ります。
ニキビを防ぐのには、様々な方法があります。その中で最もメジャーなのは、洗顔だと思います。ニキビ跡薬は、水だけで顔を洗うのではなく、洗顔フォームを正しく使うと、より予防しやすくなります。
洗顔のアフターケアとして、ニキビ跡薬の化粧水を使うことで、ニキビ予防にはいっそう効果的です。ニキビ跡薬で私が20歳のこと、背中が大変な痒みで見てみると、多くの吹き出物ができていたんです。
早急に皮膚科に受信しました。
すると、ドクターから、
「多数の吹き出物をニキビと診断します。
原因は栄養分の偏りなんですが、脂もの中心の食生活になっているんじゃないですか?」
と注意されてしまいました。
チョコが何よりもニキビができやすいそうです。
昔からニキビの跡としてよくある例が、肌がクレーターのようにくぼんでしまうトラブルや肌の黒ずみといった悩みです。クレーターのトラブルはきちんと治療できる皮膚科で治療しないと治せませんが、黒ずみに関しては美白化粧品で時間をかけて薄くするという治療もあるのです。ニキビケア用の洗顔料・化粧水など、ニキビケアに効果的とされている商品がマツキヨなどのドラッグストアなどの店頭で販売されています。でも、品数が多いため、自分のニキビに合う商品を探し当てるのは難しいです。
試供品などがもらえれば試供品を一度試してから自分のスキンケア用品として「肌に合っていたら買う」というようにするとベストだと思います。
角栓で毛穴が詰まることが、ニキビができてしまう理由のひとつです。
気にしてしまい、ついつい指で角栓をはさむようにして出してしまいますと、その場所にニキビ跡ができる原因になります。
角栓をつくらせないように、また、悪くさせない為には、肌の保湿をしっかりすること、余計な皮脂の詰まりを防ぐことが、重要です。
ニキビは食べ物と密接に関連性があります。正しい食生活をすることはニキビに良い影響を与えることにもなります。野菜中心のメニューで食事を採り、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取る努力をしましょう。

 

野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、ニキビ跡薬は便秘を解消する側面もあり、ニキビを減らす効果があります。ニキビ跡薬でニキビが炎症を起こしてしまうと、洗顔の際などに少し触っただけでも痛みを感じてしまいます。
そのため、炎症を起こしている場合は、どれほど気になったとしても決して指で触らないでください。指で触ると痛いだけではなく、それが原因で指から雑菌が入って、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。

 

ニキビを気にしているからといって顔を洗いすぎてしまうと、実際には必要な油脂まで落としてしまい、ニキビ跡薬でかえってニキビが悪化する原因ともなります。どんなに多く見積もっても洗顔は一日に二回程度にしましょう。肝心なのは洗顔を十分に泡立てて、肌に直接手を触れずに、泡を使って顔を洗うということ、そして洗顔後にはすぐ保湿をすることです。

 

酷い状態のニキビとなると、固く新を持ったような状態で、触ると痛みを感じるといった症状になります。

 

ニキビが出来た場合、なんとなくその箇所を確かめたくなって触ってしまいそうになることがありますが、触ってしまうと殺菌がまた入ってしまい長引いてしまうかもしれないので、ニキビ対策用のクリームを塗るなどのケアをして、清潔に保つように心がけましょう。

 

ニキビ跡薬のニキビも立派な皮膚病です。

 

ニキビ程度で皮膚科に診てもらうのも、と少々迷いがちですが、皮膚科に通院するとすぐによくなりますし、ニキビの痕跡ができることもあまりないです。

 

その上、自分でドラッグストアなどでニキビ薬を買い求めるよりも安価で治療できます。
10代の時期、チョコやスナック菓子をたくさん食べると翌日にはニキビになっていました。
食べ物がこれほどまでにかかわるんだ、と痛感したものです。

 

それから、年齢を重ねるとともに食べ物にも気を遣うようになり、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。
その効能かニキビもすっかり見られなくなりました。

 

ニキビの原因はアクネ菌ですので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を共有で使用したり、直接肌が接触してそのまま洗わずにいたりすると、自分もニキビになってしまう恐れがあります。