生活習慣でニキビを改善する

MENU

生活習慣でニキビを改善する

生活習慣でニキビを改善する

 

・ニキビを治す、予防するための7個の方法

 

1:食生活を整える

 

ニキビに効果的な栄養分を摂る事も重要ですが、まずは栄養のバランスを整えて身体全体のコンディションを整える事を考えるのが先決です。その上で、ニキビに良いビタミンB類などをたくさん摂っていくようにしましょう。

 

特にビタミンB2とビタミンB6はニキビを防ぐ効果の高いビタミンですから、積極的に摂りたいものです。

 

ビタミンB2:皮膚の新陳代謝を正常にして、皮脂の状態を正常にする
ビタミンB6:肌荒れやオイリー肌を防止する

 

これらは、レバー、乳製品、緑黄色野菜、肉類、卵などに多く含まれています。

 

 

その他、ビタミンCにはコラーゲン作りを補助する作用がありますし、肌の新陳代謝を安定させる作用もあります。また、ニキビ跡のメラニンの沈着を薄くする効果もあります。

 

ビタミンCは、果物、イモ類、野菜などにたくさん含まれています。

 

 

2:寝不足の改善

 

質の良い睡眠を摂る事で成長ホルモンの生成が盛んになり、ニキビの炎症等が治っていきます。
成長ホルモンには、肌の新陳代謝を正常にして、新しい肌細胞を作って、肌の損傷を修復する作用があるので、ニキビをケアする際には欠かせません。

 

また、肌細胞の原料はコラーゲンなのですが、成長ホルモンにはそのコラーゲンの生成を補助する効果もあります。そして、コラーゲン生成にはビタミンCも欠かせません。
ですがビタミンCは水溶性であり、吸収されないものはすぐに排出されてしまいます。

 

ですから、すぐに就寝する事になる夕ご飯の前にビタミンCを多く摂るようにするのが効率的です。

 

また、午後10時〜午前2時は特に成長ホルモンが分泌されやすいので、ニキビ対策のためにもしっかり睡眠を摂っておきましょう。

 

3:ストレスケア

 

ストレス過多になると、ニキビができたり皮膚が荒れたりしてしまいます。特に女性の場合はホルモンバランスが崩れやすくなるので気を付けましょう。女性であっても男性ホルモンの分泌量が多くなってしまい、皮脂が出過ぎて皮膚に角質が溜まりやすくなって、肌のコンディションが悪くなってしまいます。

 

そして、ストレスのせいで睡眠不足などになってしまうのも、言うまでもなく良くありません。

 

また「ニキビによるストレス」も「ニキビの引き金」になるので、程良くストレスを発散するようにしましょう。

 

 

4:腸の中のコンディションを整える

 

便秘になると腐敗した便が腸内に溜まって、そこから発生する毒素が腸内の善玉菌の数をダウンさせてしまいます。そうなると、悪玉菌の数が上昇してしまいます。

 

悪玉菌が優勢になると毒素を壊す能力がダウンして、腸の中のコンディションがもっと酷くなってしまいます。そして、善玉菌が生み出してくれる「ビオチン」というビタミンの量が減る事も関連しています。

 

ビオチン:ビタミンの一種であり皮膚細胞を活性化させてくれる

 

その他、善玉菌が生み出してくれるビタミンは10個以上存在しており、これらの生成量が減ると肌の新陳代謝がおかしくなってしまいます。便秘で悩んでいる方は、野菜、果物、イモ類、キノコ類などをたくさん食べるようにしましょう。食物繊維が多い食材なので、スルスルになるはずです。

 

 

5:日常の動作をチェック

 

●シャンプーやリンスのすすぎ残し
●顎やおでこの洗顔料のすすぎ残し
●つい鼻や額を指で触ってしまう

 

などのような事を癖でしてしまっている人は、しないようにしていきましょう。
日常的な習慣になっているでしょうから、しっかり見直すようにしてください。

 

 

6:ニキビと上手に付き合う

 

まずは5とも繋がる事ですが、悪化させるだけなのでニキビには触れないように心がけましょう。また、マスクでニキビを隠すのも、マスクが刺激になってしまうので止めましょう。

 

そして、化粧や洗顔の折も可能な限り触らないようにして下さい。

 

十分に泡立てて、軽く洗顔するだけもニキビが治る事があります。
反対に、力を入れて洗ってしまうのではダメージになるだけなので良くありません。

 

 

7:女性は大豆類を

 

女性の場合は、睡眠不足やストレスが原因でホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンの分泌量が多くなってニキビが出来てしまう事が多いです。

 

豆腐や納豆などの大豆由来の食品には「大豆イソフラボン」という、女性ホルモンに良く似た成分が入っていますので、積極的に食べるようにしましょう。ホルモンバランスが整うはずです。

関連ページ

新陳代謝の崩れがニキビを増やす要因
睡眠習慣が崩れていると新陳代謝が乱れてニキビが生じやすくなってしまいますので、まずは睡眠習慣を整える事からニキビ対策を始めましょう。
睡眠とニキビの関係性を把握して美肌をキープしましょう
眠りの習慣を整える事で、成長ホルモンの生成量が増えてニキビができにくくなります。22時〜26時の間にはできるだけ眠っておくようにしましょう。