新陳代謝の崩れがニキビを増やす要因

MENU

新陳代謝の崩れがニキビを増やす要因

新陳代謝が崩れていると、ニキビが生じやすくなります。そして、睡眠が足りないと新陳代謝が特に崩れやすくなります。ですから、寝不足が続くと肌が荒れる事が多いです。
新陳代謝を向上させるには栄養分を見直す事も重要ですが、睡眠習慣を整える事も大事なのです。

 

さて、新陳代謝が安定していれば、皮膚のターンオーバーによって古い皮膚細胞は肌の外部に追い出されて、皮膚はいつでも新規の元気な細胞で構成された状態になってくれます。
しかし、新陳代謝が崩れていると皮膚の表面の角質層の状態が悪くなって、角質層に隙間が増えやすくなってしまいます。そうすると皮膚が乾きやすくなって、毛穴が開いた状態になりやすくなります。

 

そして毛穴を閉塞させている角質や皮脂を追い出す事ができなくなると、そのまま角栓になってしまい白ニキビに変化してしまうのです。そこで細菌が殖えて炎症にエスカレートしてしまえば赤く変色し、化膿してしまえば黄色く変色する事になります。

 

ですから、睡眠習慣を整えましょう。なぜなら、睡眠中に生成量が増える成長ホルモンの働きで、人間の細胞は形成されるからです。ですから、睡眠習慣が崩れていると皮膚以外にも悪影響を及ぼす可能性が高いです。

 

できれば22時〜26時の相手は眠っておくようにしましょう。そして、それが無理でも1日6時間眠るようにしましょう。それだけで、皮膚の新陳代謝は安定すると言われています。

 

また、コラーゲン作りを補助してくれるビタミンCや細胞分裂を促進してくれるプラセンタを摂る事でも新陳代謝を安定させる事ができると言われています。ただし、睡眠習慣が安定していなければ、これらの成分を摂ってもほぼ意味はありませんので気を付けましょう。

 

皮膚の新陳代謝が安定すれば、ニキビのせいで生じていた色素沈着なども、比較的すぐに治りやすくなります。
睡眠習慣を整えつつ、ニキビ化粧水を使えば効果的にニキビをケアできるはずです。

関連ページ

睡眠とニキビの関係性を把握して美肌をキープしましょう
眠りの習慣を整える事で、成長ホルモンの生成量が増えてニキビができにくくなります。22時〜26時の間にはできるだけ眠っておくようにしましょう。
生活習慣でニキビを改善する
日々の生活の中でニキビを改善していく方法を挙げていきます。日常的な動作がニキビに悪影響を与える事もあるので注意してください。