睡眠とニキビの関係性を把握して美肌をキープしましょう

MENU

睡眠とニキビの関係性を把握して美肌をキープしましょう

ニキビに対してニキビ化粧水や薬品を使うのも良いですが、それ以上に睡眠習慣を整える事の方が大事です。

 

さて、まずニキビは皮脂が出過ぎると生じてしまいます。
しかし、皮脂を除去したからといって治るものでもありません。

 

そもそもニキビの元凶は「閉塞した毛穴に、アクネ菌が増殖して、炎症を招く」事です。そして毛穴を閉塞されるものは、皮脂だけには留まりません。古びた角質も皮脂を閉塞させます。大人ニキビの要因も、邪魔な角質や皮脂が毛穴を閉塞させる事にあるとされています。

 

 

ですから、毛穴を閉塞させないようにして清潔な状態をキープできればニキビはほぼできなくなります。そして、そのために「眠り」が重要になってくるのです。
まずは睡眠習慣を整えて、その上でニキビ化粧水を使うようにしましょう。

 

・睡眠の質を高めるには?

 

ただ眠るだけでは不十分かもしれませんので、睡眠の質を高めましょう。
そのためには「22時〜26時」の間(皮膚のゴールデンタイム)はしっかり眠っておく事が大事です。人間の成長ホルモンはこの4時間の間に生成のピークを迎えるからです。
肌を整えるには成長ホルモンが不可欠です。

 

ただ「22時〜26時に安定して眠る事ができない」という方も現代人には多いと思います。
そのような場合は、毎日決まった時間に眠るだけでも睡眠中の成長ホルモンの生成量が増えますので、まずは寝起きの時間を安定させるようにしていきましょう。

 

・成長ホルモンの働き

 

成長ホルモンには、角質の皮膚細胞を刷新(ターンオーバー)させる働きがあります。
ですから、睡眠習慣を整えて成長ホルモンの生成量を増やす事が大事なのです。

 

成長ホルモンの生成が盛んであれば肌の状態が安定しますし、大人ニキビも生じにくくなります。

関連ページ

新陳代謝の崩れがニキビを増やす要因
睡眠習慣が崩れていると新陳代謝が乱れてニキビが生じやすくなってしまいますので、まずは睡眠習慣を整える事からニキビ対策を始めましょう。
生活習慣でニキビを改善する
日々の生活の中でニキビを改善していく方法を挙げていきます。日常的な動作がニキビに悪影響を与える事もあるので注意してください。